FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キスする3秒前
お題です。
インデックスがありますので、よければそちらもどうぞ。




あたしのファーストキスは、高校3年生の卒業式の夜。
突然の出来事だった。
あたしがあこがれていたような愛の告白なんて全くなく、彼の口から発せられたのはたった一言。

「ザマーミロ」

やわらかい感触とか、ぬくもりを感じるとか、甘い味がするとか。
そんなことも感じる暇もない突然のキスに、あたしは未だに動揺し続けている。
明日から大学だというのに。

「ん、これでいいよね」

おば様に見立てていただいた新品のスーツを、体にあててあたしは鏡の前でポーズを取った。
普段は幼く見えるあたしだけど、高校の制服ではないこの姿は少し大人びて見える。

「大学生かー」

同じキャンパスに通う彼のことを想像して、あたしは思わずニヤニヤしてしまった。
明日の入学式の後…二人抜け出して…そして木陰で改めてキス。
あぁ、なんて素敵なの!

「うふふ」

思わずにやけてしまった顔を引き締めるため、あたしは鏡に自分の顔を近づける。
そういえば、入江くんはこの距離まであたしに顔を近づけてきたんだよね。
あの夜のキスのことをまた思い出して、あたしはドキドキしてきた。
自分の部屋は一人部屋なのに、ついきょろきょろと辺りを見回してしまう。
そして、あたしはそっと鏡の前に向かった。

「キスする前の顔って、どんな顔をしてるんだろう」

気になりだしたら仕方がなくて、あたしは薄目を開けて自分で顔を作ってみた。
唇を少し尖らせた自分の顔が、ぼんやりとした視界の中から浮かび上がる。
…いや、これちょっと幻滅するかもしれない。

よしっ、明日までにキスするときの顔を練習しておこう!
入江くんに、キスするときの顔が可愛いって思われるように!

この努力が報われるにはまだまだ沢山の時間を要することに、このときのあたしは気づいていない…。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

わさこ

Author:わさこ
はじめまして!こんにちは!
こちらはイタズラなkiss中心の 二次創作ブログです。
ごゆっくりどうぞ。

何かある方は、メールアドレス
starlight_wasako☆yahoo.co.jp まで。

☆を@に変換してお使いくださいね!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ひとこと
FC2カウンター
たったいま
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
いつもありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
FC2チャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。